固形洗顔石鹸 メリット

最大のメリットはなんといってもコスパ

固形洗顔石鹸 ランキング

固形洗顔石鹸を使う最大のメリットは、なんといっても他のタイプの洗顔剤と比較した時のコスパです。

 

洗顔剤は固形のものからチューブに入ったジェル状、フォーム状、液状など多種多様な種類があり、それぞれ優秀な美肌成分が配合されています。

 

その中には、洗顔剤でもかなり値が張る商品などもありますよね。

 

優秀な美肌成分で洗顔したいけれど、コストはできるだけ安く抑えたいという人におすすめなのが、固形洗顔石鹸なのです。

 

固形の洗顔石鹸の多くは、合成界面活性剤を使用していないというメリットもあります。

 

固形なら必ず合成界面活性剤が使われていないというわけではありませんが、従来の固形石鹸では使われていないので、敏感肌やトラブルを起こしやすい肌の女性にとっては、合成界面活性剤が入っていない洗顔剤を見つけやすいというメリットにつながります。

 

石鹸を選ぶ際には、成分表をチェックして、できるだけ肌にとって刺激となる成分が入っていないマイルド処方のものを選びたいですね。

 

 

デメリットは泡立ち

固形洗顔石鹸 ランキング

 

固形洗顔石鹸でも最近では、簡単にモコモコの泡を作りやすいタイプのものがラインナップされています。

 

しかし、他の洗顔フォームなどと比べると、やはり固形タイプは泡を立てにくいですよね。

 

石鹸を泡立てる際にはいくつかのコツがあり、コツを押さえれば時間をかけずにサッとモコモコの泡を作ることは可能なのですが、慣れるまでイライラしますし、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

 

もしも固形の洗顔石鹸を使いたいなと考えているけれど、泡立ちにくいことが悩みだという人なら、泡立てネットを使うことによって、この泡立ち問題をスッキリと解消できます。

 

泡立てネットを使えば、初心者でも簡単にモコモコの泡を作ることができ、素早く泡洗顔ができます。

 

もう一つのデメリットは、使いにくいという点があげられます。

 

ポンプをプッシュしたりチューブを軽く押すだけで簡単に出せるタイプの洗顔剤と比べると、固形タイプはどうしても使いにくいものです。

 

それに保存方法も、水洗いをした上でタオルドライをし、湿気がつかないような場所で保管しなければいけないので面倒です。

 

こうした面倒な作業は、使っていくうちになれるのでそれほど面倒ではなくなりますが、慣れるまではやはり面倒なもの。

 

そのために、固形タイプの石鹸に抵抗を持つ人が多いのかもしれませんね。

 

コスパが最高で肌にも優しい固形タイプの洗顔石鹸は、デメリットをうまく解消しながら上手に付き合っていきたいものです。