固形洗顔石鹸 保存方法

お風呂で保存するとフニュフニュになる

固形洗顔石鹸 ランキング

固形洗顔石鹸は、たくさんのブランドから優秀な商品が多くラインナップされていますが、保存方法が難しいというイメージがあるため、固形タイプの石鹸とチューブに入った洗顔剤なら、保存しやすい洗顔剤を選ぶという人は多いものです。

 

洗顔石鹸に限らずどんな石鹸でも、固形タイプのものは保存方法をしっかりマスターしておくことによって、コスパの良い美肌成分での洗顔が可能にしてくれます。

 

お風呂の中で使う石鹸だから保存もお風呂場の中で、という人はとても多いのですが、お風呂の中で保存すると受け皿にたまった水によって、石鹸がフニュフニュになってしまいますよね。

 

そうなると、雑菌や細菌が増えやすい劣悪な環境になってしまうので要注意です。

 

 

保存する前にはしっかり水洗い

 

固形洗顔石鹸の理想的な保存方法ですが、細菌や雑菌の温床とならないように水分、栄養、温度の管理に気を付ける必要があります。

 

洗顔の際に手で触れると、肌の表面についている垢や皮脂などが雑菌のエサとなってしまうので、使い終わったらサッと水洗いをして雑菌にとっての栄養を洗い流してあげましょう。

 

雑菌まみれの石鹸で洗顔していても、肌トラブルを起こしやすくなってしまうだけです。しかしこのひと手間を加えてあげることによって、肌トラブルを起こしにくくなるはずですよ。

 

水分管理ですが、お風呂の中の受け皿に放置するのはNGです。できればペーパータオルなどで軽く表面の水分をふき取ってあげた上に、最低でも常温管理するようにしましょう。

 

できれば雑菌が増えにくい冷蔵庫の中などで保存するのが理想的ですが、難しい場合には、シリカゲルなどの乾燥材と一緒に常温保存すれば、石鹸に水分が集まりにくくなるので、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることができます。

 

この固形石鹸の保存方法は、お風呂の中で使う洗顔石鹸でも、洗面台で使う洗顔石鹸でも同じです。

 

石鹸を置いておくための受け皿があっても、そこで保存するのはあまりおススメではないので、受け皿は置かないと決めるのも良いかもしれませんね。

 

洗顔をしたらすぐに水洗いをし、水分をしっかりふき取ったうえで冷蔵庫の中、もしくは乾燥しやすい場所で保存してあげる習慣をつけましょう。

 

慣れるまでは面倒な方法という気がするかもしれませんが、慣れるとそれほど難しい方法ではありませんし、浴室のすぐそばにペーパータオルや乾いたタオルなどを置いておき、使った石鹸をすぐに拭けるようにスタンバイしておくのも良いですね。